ストックホルムの地下鉄駅アートが美術館並!!「世界一長い美術展」の行き方セルフガイドツアー!! 【スウェーデン】

 

スウェーデンの首都の下には、複雑な地下列車の網があります。「世界最長のアートギャラリー」と呼ばれることもあります!

今回は【ストックホルムの地下鉄駅アートが美術館並!!「世界一長い美術展」の行き方】を紹介します!

地図とステップバイステップの指示があるので、迷子にならないことを約束します。

 

 

 

 

ストックホルム地下鉄の基本

 

ストックホルムの地下鉄は1950年に開業し、現在100の駅があります。

90の駅がアートで飾られているため【世界で最も長いアートギャラリー】と呼ばれます。他の国では、メトロ、地下鉄、または地下鉄と呼ばれることもありますが、スウェーデン語ではT-バナと呼ばれ、トンネルバナの略です。

これは「トンネル鉄道」に変換されます。赤、青、緑の3つのメインラインがあります。

 

セルフガイドのストックホルム地下鉄アートツアーのヒント

 

 

 

ツアーの長さ

 

ストックホルム地下鉄アートツアーの旅程全体を行き来するには、約2時間かかります。

 

ストックホルムの地下鉄アートツアーに参加するのに最適な時期

 

ストックホルム地下鉄アートツアーに参加するのに最適な時期は、平日の真ん中です。

そうすれば、ラッシュアワーを回避しながら、駅で写真を撮る時間が十分にあります。木曜日の午前10時30分頃に行ったのですが、写真からもわかるように、他の人にはほとんど会いませんでした。

また、駅は午前12時30分まで営業しているため、平日の夜遅くまで試すこともできます。

 

ストックホルム地下鉄アートツアーの旅程

市内中心部で最もフォトジェニックな駅のいくつかを訪れる旅程をまとめました。

このツアーでは、12の駅を訪問します。

 

レッドライン:

  • T-Centralen
  • シュタディオン
  • テクニスカ・ヘクスコラン
  • Universitetet

グリーンライン:

  • Hötorget
  • Odenplan(ストックホルム公共図書館)
  • ソリルドプラン
  • Fridhemslplan

 

ブルーライン

  • ソルナセントラム
  • ハロンベルゲン
  • Radhuset
  • クングストラッドゴーデン
  • T-Centralen

 

 

ストックホルム地下鉄アートツアーの地図と道順

 

以下のツアーに簡単な指示を含めました地図を貼り付けました。

どこに行くべきか、いつ列車が来るかを示すすべての駅に明確な標識があります。

 

ストックホルム地下鉄チケット

 

ストックホルムにはあらゆる観光施設や地下鉄などが無料で入れる【ストックホルムパス】

というものがあり初期費用は掛かりますがいろいろな観光場所の入場料無料になるのでおすすめ!

 

↑こちらで【ストックホルムパス】について紹介

 

 

 

ストックホルム地下鉄のアートを見る際のヒント

これらの駅にはあちこちにアートがあります。何かを見逃さないように、周辺を探索してください

各駅で各プラットホームの長さを歩き、出口に向かってエスカレーターを上ります。チケットに時間がある限り、改札を通過して再入場することもできます。列車は日中2〜10分間隔で運行しています。

プラットフォームのデジタルディスプレイは、次の列車が来るときに通知します。一部の駅では、次の列車が到着する前に降りて探索するのに十分な時間がありますが、多くの場合、出発する前に数本の列車が通過するのを見るでしょう。

 

 

ストックホルムの地下鉄アートを撮影するためのヒント

 

カメラや電話を使ってステーションの写真を撮るのは簡単です。

ただ、一部の場所では少し暗い場合があり、若干難しい写真撮影条件になります。本格的な写真家の場合は、デジタル一眼レフを三脚に持ち込み、より長い露出で撮影することを検討してください。

 

↑一眼レフカメラだと旅行写真がきれいに取れます

 

↑写真取る際の支えがあるとブレが軽減できます。

 

豪華なカメラや三脚がない場合は、できるだけ静かに立って撮影してください。

または、カメラや電話を壁やベンチに固定して、安定性をさらに高めてください。

 

ストックホルムの地下鉄アートのセルフガイドツアー

 

ストックホルムの地下鉄芸術を探検しましょう!

Tセントラル駅でツアーを開始し、赤と緑の路線のホームに向かいます。

 

Tセントラル駅

ストックホルムの3つの地下鉄路線(赤、青、緑)はすべて、Tセントラル駅を通過します。

通勤や長距離路線にも接続され、賑やかな場所です。赤と緑の線のプラットフォームは1957年にまで遡り、幾何学的なタイルが特徴です。(青い線のプラットフォームはもう少しフォトジェニックですが、心配しないでください:ツアーの最後にアクセスします)。

 

シュタディオン駅

1973年にオープンしたスタディオンは、最初の「洞窟」駅の1つで、岩盤から削り出されました。

洞窟が憂鬱になるのではないかという恐怖と戦うために、アーティストのÅkePallarpとEnno Hallekは駅に虹のテーマを与えました。

 

テクニスカヘクスコラン駅

この駅は王立工科大学にサービスを提供しているため、この駅の芸術が科学をテーマにしているのは当然のことです。

 

↑好きなのは駅中央の大きなガラス多面体笑

 

ユニバーシテット駅

ユニバーシテット駅はストックホルム大学の下にあります。

ステーションの主な特徴は、生物の現代分類学の父として知られているスウェーデン人のカールリンネウスの旅行の概要を示すタイルパネルです。

ホトルゲット駅

これは、1950年代に建てられたストックホルムのTバナの元の駅の1つです。

1998年にアーティストのガンゴルディージョがネオン照明のインスタレーションを天井に追加するまで、無地のタイル壁があり、アートはまったくありませんでした。

駅の残りの部分は、純粋な1950年代、レトロな看板、ベンチなどです。

 

オーデンプラン駅とストックホルム公共図書館

この駅は特別なものではありません。古い駅であり、注目すべき芸術はありません。

ただし、地下鉄を降りてOdengatanを2ブロック東に歩くと、ストックホルム公共図書館に到着します。1928年にオープンしたこの美しい建物には、ロタンダに3階建ての豪華な読書室があり、一見の価値があります。(さらに、完全に無料で、素早く静かに写真を撮ってもかまいません。)図書館を訪れたら、オーデンプラン駅に戻ります。

 

トリルドスプラン駅

多くのステーションと同様に、Thorildsplanはタイルを使用しています。ただし、これらは通常の退屈なタイルではありません。Thorildsplanでは、アーティストのLars Arrheniusがタイルを使用して、風変わりな8ビットビデオゲームにインスパイアされたアートを作成しました。

スーパーマリオブラザーズ、スペースインベーダー、パックマンなどのキャラクターや風景を見つけられるかどうかを確認してください。Thorildsplanは地上の屋外ステーションです。このツアーで訪れる唯一の駅です。

 

 

フリデムスプラン駅

Fridhemsplanのアートには明確なテーマがありません。ディスプレイボックスに船があり、花を使ったロボットもいます。しかし、ストックホルムの地下鉄のセルフガイドツアーがここで停止する本当の理由は、緑の線から青の線に切り替えることです。緑と青の線のプラットフォームを結ぶ200mのトンネルがあります

 

 

ソルナセントラム駅

ソルナセントラム駅のアートは、スウェーデンの森の緑の背後にある赤オレンジ色の夕日を描いています。

アーティストのKarl-OlovBjörkとAndersÅbergが壁に何百もの小さな絵をフリーハンドで渡しました。彼らは森林破壊、環境、農村地域から都市への人々の流入を含む重要な政治問題を描いています。怒っているヘラジカが無防備なハイカーを脅かしているように、あなたがそれらを狩るならば、いくつかのユーモラスなシーンがあります。

ハロンバーゲン駅

ハロンベルゲン駅のアートが子供たちによって作られたように見えるなら…それはそうだったからです!アーティストのエリスエリクソンとゴスタウォールマークは、実際には子供時代の絵と子供たちの絵を使って駅の壁を覆っていました。

スウェーデンのハロンバーゲンはラズベリーヒルと解釈されるため、駅の気まぐれな性質は適切に思えます。

 

 

ラドゥセット駅

 

Radhuset駅はストックホルム裁判所の下にあります。

駅は赤みがかったオレンジ色に塗られた岩盤を露出し、壁や天井に興味深いアートオブジェクトがいくつか取り付けられています。

 

 

クングストラッドゴーデン駅

 

Kungsträdgården駅はツアーが終了するまで、一番見たい場所が多かったので保存しました。

 

最初に気付くのは、赤、白、緑の配色です。次に、おそらく彫刻に気づくでしょう。ストックホルム周辺の解体された建物から回収された彫刻が壁と専用の展示エリアに埋め込まれています。クレイジーなモザイク天井のディテールもあります。ああ、これは生きている住民がいる唯一の駅です。

どうやら、ある種類の真菌とある種類の洞窟グモが駅に住んでいて、どこにも住んでいません。

 

 

Tセントラル駅

T-Centralen駅の青い線のホームでツアーが終了します。アーティストのPer Olof Ultvedtは、このステーションをさまざまな青いモチーフで青い線に描きました。駅の他の部分は、駅を建設した労働者を称えています。天井と壁に描かれた彼らのシルエットを見ることができます。

 

ストックホルムの地下鉄アートのセルフガイドツアーをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

↑徒歩でストックホルムを回りたいなら無料のツアー案内を参照

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です