ストックホルム宮殿・王宮で回るべき観光おすすめ場所一覧!衛兵交代式・博物館・宝物など【スウェーデン】

 

 

王宮 (Kungliga slottet)は、ストックホルム観光の中心の旧市街のガムラスタン地区にあり

  • きらびやかな王室
  • ロイヤルガーデンの交代式
  • 金や宝石が散りばめられた王室の秘宝

 

などを見学することができる博物館となっています。

ただ見るものが多く一日で見て回れないのでどの場所を回ればいいのかわかりませんよね??今回は【ストックホルム宮殿・王宮で回るべき観光おすすめ場所一覧!衛兵交代式・博物館・宝物など【スウェーデン】紹介になります!!

 

 

王宮の歴史

 

クローノール宮殿

10世紀または11世紀には、ものみの塔を備えた防御拠点がこの場所に立っていました。ストックホルムの伝説的な創設者であるビルガーヤールの統治下で、13世紀に建造物は城に発展しました。

16世紀に大きな塔が建てられたとき、それは塔を飾った3つの金色の冠にちなんで名付けられたクローノール宮殿として知られるようになりました。次の数十年、ジョン3世の治世中に、

城は王家のルネサンス様式の邸宅に改築されました。

城は17世紀半ばに再び改造され、ニコデモステシンヤンガーによるバロック様式のデザインに北翼が再建されました。しかし、1697年の火災後に城の大部分をがれきに破壊し後に立っていた唯一の部分がございます。

 

現在の宮殿

↑北の正面

トレクロノア城が破壊されて間もなく、ニコデモステッシンヤンガーは新しい宮殿の計画を立て始めました。その同じ年に、焼失した城の瓦礫が取り除かれる間に北棟の修復が始まりました。

しかし、新しい王宮の建設が始まって間もなく、大北方戦争が勃発し、1707年までに戦争の費用が王室の財政に大きな打撃を与え、新しい宮殿の建設は中止されました。

ニコデモ・テッシンの死の1年前の1727年にのみ仕事が再開された。彼はカールホーレマンに引き継がれ、彼はテッシンのエクステリアの計画を実行し、新しいロココスタイルでインテリアを構築しました。宮殿は1754年にようやく完成しました!!

↑中庭

そしてアドルフ・フレデリックが完成後に最初に引っ越した国王になります。

そんな王宮の歴史に触れることができるのが今回紹介する観光場所となります!!

 

 

王族の居室(Representationsvåningarna)

 

宮殿の中でも特に豪華な正室がある部分で、色とりどりの部屋が並んでいます。

多くの部屋の中には、ゲスト用のアパルトマン、グスタフ3世の寝室、バンケットホール、ホール・オブ・ステートがあります。 ここは王宮を訪れる際の中心的な部分であり、下記の博物館エリアはオプションでありますが、ご覧になるかどうかはお任せください。

アパートメンツ閉鎖されることがありますので、事前にご確認ください。

 

インテリア

600を超える客室の多くは、中庭の入り口からアクセスできる王室のアパートなど、一般に公開されています。

これらの豪華な装飾が施された客室は、公式のレセプションやディナーに使用されます。これは、ヴェルサイユ宮殿の鏡室を模した壮大な部屋であるシャルル11世のギャラリーで行われます。

王室の公式ゲストが使用するゲスト用アパートメントです。
下の1階は14のベルナドット部屋です。
宮殿内の彫刻

ここには、12のイオニア式の柱で飾られた壮大なロココ調のインテリアが施された、宮殿で最も美しい部屋の1つであるピラードホールがあります。ベルナドット図書館には王室の本のコレクションが含まれており、ベルナドットギャラリーには、現在スウェーデンの王室であるベルナドット王朝の支配者の肖像画が飾られています。

階下は、宮殿で最も有名な部屋の1つであるRikssalen(State Room)です。1650年にクリスティーナ女王の戴冠式のために作成された銀の王位は、1697年の悲惨な火災から救われた数少ないアイテムの1つです。宮殿のもう1つの見どころは、1754年に奉献され、ロココ様式のカールホールマンによって装飾された壮大な王室礼拝堂です。 。

 

王宮(Kungliga slottet)

料金:大人160 SEK 、7~17歳は80SEK
時間:5月~9月 10–17時 (7月〜8月は 毎日9時~)
10月〜4月 10–16時

 

王室美術関連の博物館

 

グスタフ3世古美術博物館 (Gustav III:s antikmuseum)

 

1794年に開館したグスタフ3世のアンティーク美術館は、ストックホルム宮殿の北東棟にあり、約200点のアンティークの彫像、胸像、花瓶のコレクションは、スウェーデンで最も古い公立美術館です。コレクションは、グスタフ3世(1746年~1792年)が1783年~1784年のイタリア旅行中に個人的に収集したものです。グスタフ3世は、1792年に暗殺されるまでは、芸術や文化に情熱を燃やしていたため、演劇王とも呼ばれていました。

彫刻は城の北東部にある2つの長い回廊に配置されています。2つのホールのうち広い方の、いわゆる大回廊には、部屋の両側に等身大の像が立っており、コレクションの中で最も貴重な作品として、永遠に眠るエンディミオンの横たわる像を見ることができます。小さなギャラリーでは、小さな像、胸像、花瓶、鉢などを見ることができます。

グスタフ3世のアンティク博物館は、城や建物内にある他の博物館とは対照的に、5月から9月までの夏季のみ開館しています。この博物館と他の博物館の入場料は、お城の入場料に含まれています。

アンティーク博物館へのアクセスは限られています。客室へは10段の急な階段が続き、エレベーターはありません。繊細な環境のため、城内全域でのバギーの使用は禁止されています。介助犬を除き、犬の入城は禁止されており、敷地内での喫煙は全面的に禁止されています。

 

 

グスタフ3世のアンティーク博物館 (Gustav III:s antikmuseum)

料金:  (大人180SEK)
時間: 10-17時 (4月は16時まで)HP: http://urx2.nu/JRlm

王家武儀博物館 (Livrustkammaren)

王宮の暗い地下室でスウェーデンの王室の歴史を体験してみましょう!!

華麗な衣装ときらびやかな馬車が、王室の戴冠式、結婚式、葬儀の壮麗な歴史を物語っています。グスタフ2世アドルフが所有していた馬、シュタイフのはく製について学びましょう。1718年にカール12世が着ていた青く濁った制服や、1792年の仮装舞踏会でグスタフ3世が着ていた服を見てみましょう。子供部屋では、魔法にかけられた世界に身を置くことができます。

ドレスや騎士の衣装を着てみたり、遊んだり、本を読んだり、お絵かきをしたり・・・(笑)

 

 王家武儀博物館 (Livrustkammaren)

料金: 無料
時間:11-17時 (7,8月は10-18時)(9-4月の木曜日は20時まで)HP: http://livrustkammaren.se/en

王宮博物館 (Museum Tre Kronor)

 

地下の美術館トレクローノールでは、13世紀の防御壁の基礎と1697年の火災時に中世の城から救出された品物を見ることができます。博物館はまた、火災がどのように始まったのかについても説明し、三つの王冠博物館(トレ・クローノール)は、1697年の大火で焼失したストックホルムのトレ・クローノール宮殿の原型を再現した博物館です。

トレ・クローノール宮殿が防衛の砦から現在のルネッサンス期の宮殿へと発展していく様子を紹介しています。

博物館は宮殿の北翼の1階にあり、火災から最もよく生き残った部分でもあります。

博物館に入るには、1200年代に建てられた厚さ5メートルの防御壁を通過しなければなりません。

 

入場券があれば、王室の居室を見学して、宮殿の歴史を辿ることができます。

 

 

 

王宮博物館 (Museum Tre Kronor)

料金:(大人180SEK)
時間:5-9月10-17時/10-4月10-16時HP:http://urx2.nu/JRmd

 

 

衛兵交代式(Högvaktsflygeln)

スウェーデン各地の軍事ユニットから選ばれたロイヤルガードは、ストックホルムで人気のアトラクションです。
彼らは1523年から宮殿を守っています。

夏の間、宮殿の西側にある中庭に大勢の群衆が集まり、警備員の交代の日常の光景を目撃します。王室警備隊の騎乗隊が式典に参加する夏の数ヶ月間は特に興味深いです。騎馬警備隊は騎兵兵舎から始まり、行軍警備隊は陸軍博物館から始まります。彼らは12:15頃に宮殿に到着します。

日曜日と祝日の13:15頃。式典は約40分続きます。

宮殿の真ん中には、ロビーへと続く階段があります。この階段の向かい側には、衛兵交代が行われる広場を見下ろす窓がいくつかあります。窓際に立つにはベンチを越えなければならないのですが、式典の様子も素晴らしいです。悪天候や混雑した状態での「衛兵交代」を外で待ちたくない場合は、タイミングを合わせることができれば、中に入ってみることもできます。

衛兵交代式全体は約30分続きました。旗の引き渡しと警備員の交代に加えて、完全なマーチングバンドが演奏しました。

 

 

 

王宮礼拝堂(Slottskyrkan)

 

毎週日曜日と公の礼拝は城教会で行われます!

裁判所の議員は王立裁判所の従業員で構成されています。家族連れの裁判所ですが、もちろん誰でもサービスに参加できます。年間を通じて、いくつかの音楽崇拝サービスもプログラムに参加しています。

現在の城教会は1754年に設立されました!!

 

 

王宮礼拝堂(Slottskyrkan)
時間:10-17時(日曜日は11時からミサあり)
定休日:10月~4月
料金:無料
HP:http://urx2.nu/JRlf
地図:https://goo.gl/maps/nX2XbsaqNNp

城のガイド付きツアー

ガイド付きツアーに参加することは、建物とその豊かな歴史を体験するのに最適な方法です。

夏には、4つの日帰りツアーと3つの冬のツアーがあります。

各ツアーの所要時間は約45分で、英語、ロシア語、中国語で開催されます。

これらのツアーは事前に予約することはできません。ガイド付きツアーに参加するには、入場券ツアーチケットを30 SEKでキャッシュデスクで購入します。ガイド付きツアーは18歳未満の子供は無料です(7〜17歳の子供用の追加入場券)。

1月〜5月、9月〜12月:
10 : 30ザロイヤルアパートメンツ
13:30ザロイヤルアパートメンツ
14:30ザトレジャリー

6月〜8月:
10.30 ザロイヤルアパートメンツ
13.30ザロイヤルアパートメンツ
14:30ザトレジャリー
15.30ザロイヤルアパートメンツ

 

ストックホルムパスを使えばお得!

 

実は王宮や付属する博物館は【ストックホルムパス】という別売りの観光カードで入場することができます!!

初期費用は掛かりますがいろいろな観光場所の入場料無料になるのでおすすめ!!

↑こちらで【ストックホルムパス】について紹介

王宮への行き方・アクセス法

 

住所:Kungliga Slottet(王宮)、Slottsbacken 1、ガムラスタン、ストックホルム、スウェーデン
Tel:+46 8 402 61 61 30

 

ストックホルム中央駅からのアクセス法はこちら↓

 

 

地下鉄
ガムラスタン(13,14,17-19)
クンブログストラッドゴーデン(10,11)

ガムラスタン駅からのアクセス法はこちら↓

 

 

まとめ

 

夏の観光シーズンの真っ盛りの間は忙しい日でしたが、衛兵交代が終わった後でも、王宮の内部は混雑していませんでした!!

ガムラスタンの中心部に位置し、歴史や王族に興味がある訪問者にとって自然な魅力があるため、ストックホルムの王宮は、おそらくそのような場所をあまり楽しんでいない人であっても、一見の価値があります。

 

 

 

 

また旅行前や旅行時にもガイドブックを持って行ったほうが自分の知らない情報も知ることができるので用意しておくことをお勧めします!!

特に【北欧が好き】は地球の歩き方とは違ったユニークな目線での情報がまとめられているので定番の【地球の歩き方】と合わせてもっておくとメジャーにとどまらずマイナーな観光地にもアンテナを張れるので一つ上の旅行を楽しむことができるかと思います!ご参考に!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です