囚人生活を体験できる??スウェーデン・ストックホルムの監獄ホテル【ラングホルメンホテル】

 

Långholmenは何世紀にもわたってスウェーデンで最も重要な刑務所を収容していました。

そんなスウェーデンのアルカトラズは、現在緑に囲まれた静かな環境の中で、人気のホーンストゥルからすぐ近くにある手頃な価格のホテルを提供しています。

元刑務所をリノベーションしたホテルとはいったいどのようなものなのか??

 

今回は【囚人生活を体験できる??スウェーデン・ストックホルムの監獄ホテル【ラングホルメンホテル】紹介になります!!

 

 

ストックホルムの格安ホステルに変身した元刑務所

スウェーデンのアルカトラズに1泊したことがあるので、人気の理由がよくわかります

ここでは、寮の禁欲的な外観が魅力の一部に感じられた。

↑ロングホルメン刑務所博物館の独房

歴史に興味のない人のために、ロングホルメンは、風変わりで安いホステルよりも何もないかもしれません。あなたが私のような歴史オタクであれば、ゲストのために無料である小さな刑務所博物館で楽しむことができます。

 

受け付けの雰囲気良し

受け付けは強引なおもてなしのような親しみやすさはなく、思いやりのある明るい雰囲気でした。レセプションエリアには縞模様の囚人服を持った活気のある囚人が押し寄せていましたが・・・(笑)

レセプションは年中無休で、トイレタリーやSLのトラベルカードなどの必需品が揃った小さな売店があります。また、アルコール飲料やノンアルコール飲料、スナック、サンドイッチなども購入できます。またこの地域を散策したい方には、自転車のレンタルもあります。一番近いレストランは隣の「Långholmens Värdshus」で、夏季は営業しています。

夏季には、運動場跡地にカフェもあります。

 

↑こちらで【ストックホルムパス】について紹介

 

チェックインは15:00からで、チェックアウトはホステルの宿泊客は10:00、ホテルの宿泊客は12:00でした。ホステルのチェックアウト時間は早く感じましたが、チェックアウト後も共用部へのアクセスは可能です。

 

気になる内装・部屋 は??

では、元独房の部屋はどんな感じか気になりますよね??

止まった部屋は小さな博物館エリアの中にあり、好奇心をそそる情報や画像、刑務所時代のアイテムなどが展示されていました。部屋はテーブルに椅子を置いても窮屈さを感じることなく、広々としていました。テレビはないが、不幸な受刑者たちのハードな一日のスケジュールの額装されたコピーが置かれている。

また大きなロッカーは、刑務所の独房のスタイルによく合っていました!!

ホステルのゲストとして、あなた自身のベッドを作るか借りるか、またはベッドリネン、シーツ、タオルを持参することができます。枕は快適だったし、レンタルしたシーツはよく押されていた。

全体的に、静かな部屋でした。ただ、ベッドに入る時とロッカーの開閉時に音を立てないようにするのが難しかったです。また、隣のトイレが流れるときにパイプが走る音がたまに聞こえました。ドミトリーに泊まる場合は、どうせなら安全のために耳栓を持参した方がいいかもしれません。

窓は高いところにあるので、一番上のベッドから一番出入りしやすいです。また、窓を重たい金属製のシャッターで覆って部屋を暗くします。背が低かったり、あまり動けない人は、この作業をするのに手助けが必要になるかもしれません。

改善の余地がある部屋もあるにもかかわらず、快適で楽しい滞在ができました。二段ベッドの生活があなたに合わない場合は、Långholmenホテル&ホステルは、他のタイプのより伝統的なホステルやホテルの部屋を提供していますのでご安心を!!

他の部屋には、テレビ、セーフティボックス、専用バスルームもあります。

 

 

朝食 – ストックホルムで最も手厚いホステルの朝食?

↑Långholmenの屋外の朝食エリア

暖かい日には、広い屋外のシーティングエリアで朝食を楽しむことができます。

自家製パン、スクランブルエッグ、ベーコン、シリアル、グラノーラなどの豊富な朝食ビュッフェ。また、キッチンから取り寄せたばかりの3種類のお粥を注文してみてはいかがでしょうか。多くの商品はオーガニックで、牛乳や大豆やオート麦のヨーグルトなど、アレルギーに配慮したものもたくさんありました。最後の仕上げには、かわいいクロワッサンを(笑)

 


Långholmenホステルの朝食ビュッフェ

自家製のグラノーラミックスとLångholmenの自家製パンを楽しみました。コーヒーはマシンで淹れたにもかかわらず、濃厚で強いのが印象的でした。クロワッサンはビュッフェにしては意外と美味しかった。

朝食ビュッフェはホテル宿泊者とホステル宿泊者で同じですが、ホテル宿泊者は無料です。

ホステルの宿泊者は98クローネ、6~12歳の子供は45クローネを支払います。

ストックホルムで見た中で値段とのコスパは最もお得なホステルの朝食を提供しています!!

 

近くのロケーションは??

ビーチはLångholmen hostelから50mです。

ローングホルメン島は、セーデルマルムとクングホルメンの間に位置するにもかかわらず、都会にいることを忘れてしまいがちです。秘密の草原のような庭、青々とした割り当て地、ジョギングコース、カフェ、レンタルカヤックなどが近くにあります。言うまでもなく、ホテルの入り口から 50 メートル先にはビーチがあります。Långholmen Hotel and Hostelは年間を通して営業していますが、暖かい時期にはLångholmenでもっと多くのことができるでしょう。

Långholmen Hotel and Hostelは、Södermalmの地下鉄Hornstull駅から徒歩10分です。

Hornstullには、興味深いショップ、カフェ、レストランがたくさんあります。

 

中心地でありながら緑豊かで静かなロケーションをお望みの方には最適な選択肢かもしれません。

公共交通機関を利用せずに、地下鉄の駅から徒歩で簡単にアクセスできます。

 

■ Långholmen(ロングホルメン)施設総合
HP: 公式サイト
アクセス: 地下鉄レッドライン14号線に乗車し「Hornstull」で下車し徒歩約10分ほど
地図:Google map

 

 

 

 

まとめ

 

かつての刑務所の大部分が残っていて、Långholmenホテル&ホステルになっています。

高い基準と手頃な価格は、あらゆる種類の旅行者を魅了しています。あなたのニーズと予算に応じて、伝統的なホステルやホテルの部屋を収容する元独房から、またはよりスパルタンな二段ベッドのドミトリーを選択することができます。できるだけ費用を抑えたい場合は、自分で部屋を掃除し、自分のシーツとタオルを持参しましょう。スウェーデンの観光協会(STF)の会員は割引を受けることができます。

地下鉄ホーンストゥル駅から徒歩わずか10分のところにあるLångholmen Hotel and Hostelは、セーデルマルムを観光したい方や、トラベルカード(SL)を取得する予定の方、ウォーキングを楽しみたい方に最適でしょう。ガムラスタンや王宮などの観光スポットへは快適に歩けますが、約40分かかります。

Långholmen Hotel and Hostelのドミトリー滞在は、私がストックホルムで経験した中で最もお得な格安滞在の一つであることに変わりはありません。ビュッフェの水準が高いので、同じような値段のホステルの朝食とは一線を画しています!!

 

 

 

 

また旅行前や旅行時にもガイドブックを持って行ったほうが自分の知らない情報も知ることができるので用意しておくことをお勧めします!!

特に【北欧が好き】は地球の歩き方とは違ったユニークな目線での情報がまとめられているので定番の【地球の歩き方】と合わせてもっておくとメジャーにとどまらずマイナーな観光地にもアンテナを張れるので一つ上の旅行を楽しむことができるかと思います!ご参考に!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です